人間心理学 恋愛心理

恋人が結婚相手にふさわしいかどうか見極める方法

パートナー選びに失敗しない唯一の方法。

結婚しようと思っている相手と10年20年経っても仲良くいられるのか考えることってあると思います。

今みたいに優しくしてくれるのかなとか、今と変わらず愛情を注いでくれるのかなとか、今の恋人と結婚を考えていれば誰でも抱える不安ですよね。

今回はそんな不安を確かめる簡単な方法をご紹介します。

恋人が第三者にとる態度に注目

自分のパートナーが10年20年経った時、自分にどういう扱いをするのか、どういうところに出てくるのか。それは、全く無関係の第三者にどういった対応をするかで読むことができます。例えば恋人とファミレスに行ったとします。店員さんがオーダーを取り間違えたり、水を溢してしまったりといった粗相をした時にパートナーの反応を見てみて下さい。

行きつけの何度も顔を合わせている店員さんではなくて、全く初めての人間関係が出来ていないお店になると怒る人は怒ってしまいます。人によっては怒鳴ってしまったり、責任者を呼べなんて言ったりするでしょう。これは危険信号です。

自分と利害関係がなく人間関係が築けていない第三者に対して、辛く当たったり強い態度になる人というのは、結婚したばかりは優しい態度でいるかもしれないけれど、それが鎮静化して落ち着いて来た時に出る反応や行動と一致します。

第三者への態度が本来の姿

つまり全然関係ない第三者のミスに辛く当たったり、強気で発言したり、上から平気で物を言う人は、自分と結婚して10年20年経った時に、自分に対して全く同じことをしやすくなるとわかっています。

だから相手と結婚しようとか長く付き合いたいと思うのであれば、自分以外の人間にどう言う対応をするのか見ておくことが重要です。

考えてみれば当然で、付き合いたいと思う相手がいればその人の前では良い自分を演じようとする。これはどんなに素直な人でも相手に気に入られたい、相手にどう思われているんだろう?と考える性質を人間は持っているから良い自分を見せようとします。これが10年20年経ってお互いの存在に慣れてくると素の自分が出てくるので演じ切ることが出来なくなるわけです。

だから、第三者にどんな態度をとるか観察しておくと、10年20年後の姿がある程度予想できるということです。

まとめ

逆に言えば自分と第三者に対する態度がさほど変わらないのであれば

その人は結婚して長い時間が経ってもいわゆる豹変が少ないはずです。

この辺りをチェックしてどうか後悔しない結婚をしてみて下さい。

 

-人間心理学, 恋愛心理
-, , ,

© 2020 毎日むしゃむしゃ