グルメレポ 日常のトピック 東京エリア

予想外だったプロポーズのお話。銀座RESTAURANT DAZZLE (ダズル)

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルにある通り

先日連れくんからプロポーズをされました。

今日は思い出の記録とご報告を兼ねて

その日の様子を綴ろうかなと思います・・♪

 

当日、連れくんの覚悟など知らない私は

 

 

 

 

 

 

 

ものすごくねぎしが食べたかった。

麦ごはんを食べる気満々だった。そんな時・・・

 

連れ『今日イタリアン食べに行かない?』

『急にどうした?ねぎし希望』

連れ『いいじゃんたまにはさ、予約したから』

『えええねぎし食べたいよ!ていうかイタリアンって』

連れ『レストランのコース料理。友達に勧められて行ってみたいんだよね』

『なんにもない日にコース料理食べるよりねぎs』

連れ『いいじゃん行こう!』

 

普段、連れくんは◯◯行きたいとかあまり言わない人なので

よっぽど行きたいんだなと思い麦ご飯は見送った・・。

プロポーズって気づんじゃ?って思うかもしれませんが

それは絶対にないはずの理由があった。

まず以前からプロポーズする時は

憧れの指輪パカーってやつを頼むと連れくんに言っていた。笑

しかし、前日の時点で指輪をまだ買っていないのは確実。

(婚約指輪って付ける期間短いし節約もアリだと話し合っていた段階)

指輪がない→プロポーズ出来ないという勝手な方程式により

まだまだ先と思っていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座駅から5分程歩きエレベーターに乗ってお店に到着。

大型のワインセラーを見て気づく。

あ、前に行きたいって言ったところだ。

RESTAURANT DAZZLE (ダズル)

なんだか異世界な感じがして素敵!

(実はお高いから行けてもランチだなあって思ってたのに

ディナーのコース・・・怖あああ)

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単ですが一気に紹介していきます。

バフン雲丹のフランとキャビア

雲丹がダメなのですが克服出来た程に美味しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

タラバ蟹とマグロ中トロのタルタル

パンと一緒に食べても美味しかった!

 

 

 

 

 

 

 

 

ポレンタとロビオラチーズ白トリュフ

めちゃくちゃ好きこれ・・・

じゃがいものチーズ焼きを最高級に極めた味。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

自家製タリアテッレ

アワビと松茸のアーリオオーリオ カラスミ仕上げ

松茸の香りに包まれながらアワビと松茸の交互の食感が至福・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ノヴァ・スコシア産 活ロブスターの網焼き

ケッカ・ソース

大好物の海老、ロブスター!!

ちょっとトマト多めで酸っぱかったかな?

身は新鮮でブリンブリンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

特選A4黒毛和牛フィレ肉と

ペリゴール産フォアグラのロッシーニ

濃厚なマデラ酒のソース

柔らかいのに弾力がありソースが絶品でパンがすすむ(4つ目)

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のジェラートは洋梨でした!

ふぅ~美味しかった幸せ・・どれもこれも最高だった・・

デザートは2種類あるみたいで、紅茶を飲みながら待っていると

何故か店員が3人で縦一列になってこちらに来る。

びっくりして思わず身構える。

なになに、パンのオーダーストップ???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意表を突かれた。

なんでなんもない日にコース料理食べるんだとか言ってごめん・・・・

なかなかねぎしを諦めずハラハラさせてごめん・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「俺の今後の全財産を捧ぐから俺と結婚してください」

そう言われ箱を開けると通帳印鑑。なんだそりゃ。

映画みたいなベタベタな展開に憧れがあったけれど

この方が良かったかも。今回みたいな感じじゃなかったら

イタリアン予約したなんて言われればきっと私は・・気づく・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

店員さんいい笑顔。

ごちそうさまでした。

 

わー結婚か。

家族離れ出来るかなあ私(26歳)

喧嘩しながらも仲良くやっていけるといいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日、婚約指輪を買って頂けました。

完全に予算オーバー。ありがとう連れくん!

一年後⇒マリッジブルーの乗り越え方は?3大原因と解決策

結婚に向いていない性格とストレスに強くなる方法

GINTO 銀座店で彼と大喧嘩をしながら誕生日ディナーを食べたよ。

一生涯の友達を作るのに必要な条件は、相性よりも共通の趣味よりも「時間」である

 

-グルメレポ, 日常のトピック, 東京エリア
-, , , , , , , , ,

Copyright© 毎日むしゃむしゃ , 2020 All Rights Reserved.